花より男子ファイナル 紹介サイト

『花より男子』の関連情報

当サイトは『花より男子』の非公式ファンサイトです!
原作もアニメも大好き!でもドラマ&映画も捨てがたいってなわけで『花より男子』の関連情報を収集してみました♪

花より男子とは

『花より男子』(はなよりだんご)は、神尾葉子による日本の少女漫画作品。『マーガレット』(集英社)で1992年から2004年まで連載された。単行本は全37巻、完全版全20巻発売されている。第41回(平成7年度)小学館漫画賞受賞。

概要

一般庶民の牧野つくしと大金持ちのF4、正反対な人達が生み出すギャグも入った恋愛ストーリー。集英社発刊の『マーガレット』の屋台骨として、長年に渡り根強い人気を博したが2004年にその連載を終了した。裕福な生徒の多い学園に、親の希望で入学してしまった貧乏少女の奮闘と恋の物語である。女性読者だけに限らず男性読者も多く、ファン層の年代も幅広い。

過去にアニメ化、テレビドラマ化、2度の映画化もされている(2度目の映画は、ドラマシリーズから)。台湾でも『流星花園(りゅうせいはなぞの)』の題名でテレビドラマ化もされている。英語表記もそのままMeteor Garden。2009年1月から3月まで、韓国KBSでも、『コッポダナムジャ』の題名でテレビドラマ化された。

2005年9月の時点で発行部数4800万部と少女漫画歴代2位の売上げだったが、日本でのドラマの大ヒットを受け、同年12月には発行部数を5800万部まで伸ばし、日本一売れた少女漫画となった。発行部数はメディアによって多少違う。「王様のブランチ」(2007年8月18日放送)では5920万部、「めざましテレビ」では6000万部突破とされている。

2005年12月9日発売の『マーガレット』本誌において、2006年中に続編を描くことを作者が明言し、2006年7月5日発売の同誌2006年15号に読み切り形式で発表され、完全版最終巻に収録された。

2008年1月4日発売の『マーガレット』で花沢類主役の前後編「俺の話をしようか」が掲載された。2008年6月には、2006年に読み切りとして掲載された続編と「俺の話をしようか」を収録した単行本37巻が発売された。

あらすじ

名門の筋や素封家の子弟が入学する事で知られる英徳学園高校に、親の推薦により入学した一般庶民の牧野つくしだったが、学校は、道明寺財閥の御曹司・司、花沢物産の御曹司・類、日本一の茶道の家元「西門流」の跡取り息子・総二郎、日本の裏社会を仕切ってきた美作一族の後継者・あきらの F4(Flower 4?“花の四人組”)に牛耳られていた。学校は、F4の親から多額の寄付を受けていたため、生徒達はもちろん教師達ですら彼らに逆らう事が出来なかった。つくしは、それに違和感を持ちながらも、平凡な高校生活を送ろうとしていた。
ところがある日、つくしはF4に絡まれている友人・遠藤真木子をかばった事が原因で、F4に赤札を貼られ、学校全体からいじめのターゲットにされてしまう。しかし、正義感の強いつくしは彼らの性根を叩き直さんとばかりに立ち向かって行く。
だが、道明寺はつくしのことを好きになってしまい、それからは彼女一途でそればかり……虐められ騙され続けたつくしの人生が、このF4によって変わり始めた。次第に2人の思いは通じ合っていくが、様々な事情(楓が中心)が彼らの恋路を阻む。

英徳学園について

英徳学園は幼稚舎から大学までの一貫校で、その大部分が幼稚舎から入学するとなっている。よって、幼稚舎から高額の学費を払える家庭のみが入学を許され、お金持ちの子弟が多いとなっている。ちなみに牧野つくしのセリフから、この学園ではつくしのような高校からの外部生入学は「極めて異例」であるとの事。なお、「異例」とは貧しいという意味でもある。

脱毛体験談

花男視聴者に多いのが脱毛体験。「恋愛をしたい」という感情から「綺麗になりたい」という思いが強くなり、自分磨きということで脱毛やエステをする方が増えています。そんな方の脱毛体験を集めた私、こんな理由で全身脱毛しましたというコーナーを作成しました。

お金を借りたい

また、男性の視聴者は「お金を借りたい」という方がなぜか多いようです。恋愛関連や仕事関連など、誰でもお金を借りたいと思うような状況ってありますよね。お金を借りたい花男のコーナーではいろいろなお金を借りたい方の体験談などを紹介。

花より男子ファイナル 紹介サイトメニュー