敏感肌でかみそりでムダ処理したら真っ赤になってかゆくなる|

MENU

敏感肌でかみそりでムダ処理したら真っ赤になってかゆくなる

敏感肌というのは、化粧品など肌に直接つくものを使った
ときや少しでも紫外線を浴びたときに、痒みや赤みが
出たり、肌が荒れてしまうなど、普通肌より外的刺激に
反応しやすい肌のことをいいます。

 

このように、肌が敏感になってしまうのは、ストレスや睡眠不足、
食生活の乱れなど日常生活によって、またアレルギーによることも
要因として挙げられます。

 

アレルギーの症状も重度のものから軽度のものまであり、
軽度であれば自覚症状が少ないため、自分がアレルギーに
なっていることに気が付きません。

 

アレルギーを持っていると、全身が反応しやすい状態になっているので、
身体のどこかで刺激を受けると炎症が引き起こされてしまいます。

 

お肌の刺激が強いとかゆみが起こる

こういった要因の他に大きく関わっているのは、スキンケア不足やボディソープなどに
含まれる石油系合成界面活性剤、マッサージなどの刺激で肌が乾燥してしまうことです。
肌が乾燥すると、肌を外部の刺激から守るバリア機能が弱くなってしまうため、
あらゆる刺激を受けやすくなってしまいます。

 

この状態になると、添加物が入っている化粧水がしみたり、
顔や身体を洗うとひりひりしたりするなどの症状が起こり、
そのため炎症が起きてかゆみが引き起こされたりするのです。

 

お肌が傷まないようにするには

そして刺激というのは、もちろんムダ毛処理も含まれます。
かみそりは、ムダ毛をカットするだけではなく、
刃によって肌の表面を削り取ってしまいます。

 

表皮の一番外側にはバリア機能となる皮脂膜と角質層があり、
これに含まれる保湿成分が肌を刺激から守るのですが、
かみそりはこれを削って取り去ってしまうのです。

 

敏感肌はもともとバリア機能が低下しているので、かみそりでムダ毛処理をすると、
肌は大きなダメージを受けて真っ赤になってかゆくなるのです。

 

このような症状が起こると、ムダ毛処理をすることが
できなくなってしまうので、敏感肌の方は肌に優しい
光脱毛をしましょう。

 

 

光脱毛は肌にはダメージを与えず、ムダ毛だけをダイレクトに処理をするので
刺激を与えることなく処理できるので、敏感肌でもトラブルを起こすことなく
綺麗な仕上がりになります。