わき毛を剃っても黒いぽつぽつが残ってしまって恥ずかしくて腕を上げれない|

MENU

わき毛を剃っても黒いぽつぽつが残ってしまって恥ずかしくて腕を上げれない

一般的に、女性のわき毛は男性ほど濃くないし量も多くないものです。夏場以外はそこまで常に人目にさらされる部分でもありません。

 

ワキは皮膚も他の部位と比べると厚めで、デリケートというほどでもないので、手軽にササッとカミソリで処理をしてしまう方も多いでしょう。

 

でも、ワキ毛は太い毛なのでワキ毛を剃った後には黒いぽつぽつが残ってしまうことはよくあります。

 

これは、剃ることで毛穴が傷ついて開いてしまい、
そこから毛穴の奥に残ったムダ毛が見えてしまうせいで起こります。

 

黒いぽつぽつがあるとせっかく剃っても残ってる感じで嫌ですよね。
だから「もっとちゃんと剃ろう」「ぽつぽつが残らないようにしっかり剃ろう」とするけど、どうしてもぽつぽつは残ってしまう。

 

そして、きれいに剃ろうというその努力が肌に悪い影響を与えてしまうんです。

 

脇の黒いぽつぽつは放置してしまうとお肌への悪い影響も

また、わき毛が細いのに黒いぽつぽつが残ってしまうという場合は、肌へのダメージが原因になっているかもしれません。

 

見た目的には傷がついていないとしても、脇の下の皮膚が分厚かったとしても、カミソリで毛を剃るということは肌の表面まで削り取っていて肌へのダメージになるのです。

 

黒いぽつぽつが残るからと「しっかり剃ろう」と強く剃ったり、何度も剃ったりするほど肌へのダメージは大きくなります。

 

そうなると肌によりダメージを与えてしまい、この刺激によって角質層が厚くなってしまう角質肥厚が引き起こされてしまうこともあります。

 

角質が必要以上に分厚くなると、毛穴に皮脂汚れが溜まってしまって、これが空気に触れて酸化することで黒くなるので、ぽつぽつが目立ってしまうようになります。

 

ぽつぽつが残ってしまうからと強く剃ったり何度も剃ったりすると肌にダメージを与えてより悪化する、この悪循環をなんとか抜け出す必要があります。

 

まずお肌を大切にする事を考えましょう!

自己処理が原因で黒いぷつぷつが出来てしまった場合には、まずはわき毛の処理を止めることが一番の解決方法と言えます。

 

「いや、それは無理・・・」

 

そうは言ってもワキ毛の処理をしないなんて無理ということが多いでしょう。季節にもよりますが、わき毛は女性にとってもっともムダ毛の処理をする必要がある部位になるので、処理をしないというのは現実的な解決方ではありません。

 

現実的な解決方法は、やっぱり脱毛になります。

 

脱毛をすれば、毛の根元の毛根の部分から処理できるので、毛穴から残っているムダ毛が見えてしまうこともなくなります。

 

もちろん、皮膚をカミソリで削ることも少なくなるので、角質肥厚が起きる心配も、色素沈着などの心配もかなり減ってきます。

 

このように脱毛さえしておけば、剃ることによって引き起こされる黒いぽつぽつのトラブルはなくなりますし、細かいうぶ毛まで処理できるので脇の下のことを気にしなくても大丈夫になります。

 

わき毛は何歳になっても処理していくものですから、
その手間を減らすためにも脱毛してしまうのが一番です。

 

※ただ、脱毛をする際にはサロン脱毛にしろ医療脱毛にしろ、ワキの状態のことをしっかり相談してからにすることをおすすめします。肌の状態によっては脱毛ができなかったり、脱毛によって肌を傷めてしまう可能性もありますからね。

 

まだ脱毛をしたことがなくて不安なら

 

慣れた人なら当たり前にやっている脱毛も、初めてのときはちょっと不安もあると思います。

 

そんな場合は有名なミュゼプラチナムをおすすめします。ミュゼはCMや雑誌でもよく見ますよね。脇脱毛ならすごく安くお試しできるので、一度脱毛がどんなものか体験してみてはいかがでしょうか。

 

ミュゼで脱毛した人の体験談を見てみるとイメージもわくと思います。

 

ワキだけなど、一部だけの脱毛なら安くできるし、安くって言っても追加料金とか心配という方は体験談500円でワキ脱毛し放題!?ミュゼは本当に追加料金なしだった!を見てみるとよいと思います。今はもっと安いコースもありますね。

 

脱毛した後の肌のすべすべ感、お手入れの楽さを一度体験すると
「え?こんなに楽なの?」とヤミツキになりますよ♪

 

↓↓↓ミュゼの公式サイトはこちら↓↓↓