20代・女性・アルバイト
利用したサロン:ミュゼ
脱毛部位:脇から始めて効果があったので足、腹・胸回り、Vライン、Oラインも

大学生の時にお金を貯めて脱毛サロンへ

子どものころから体毛が多く、濃かった。小学生の頃は、私服で良かったので、長袖や長ズボンを履いていれば、体毛の濃さはわからなかった。しかし、体育の時間は必ず半袖、半ズボンで授業を受け、整列するため隣の人の目を意識してしまう。陰でこそこそ自分の体毛のことを言われているんじゃないだろうかと、いつもヒヤヒヤしていた。

中学校、高校では剃刀で毛を剃ったり、抜いたりしていたが、毛の処理をうっかり忘れることもしばしばで、いちいち処理をすることが面倒になり、大学生の時お金を貯めて脱毛サロンへ行った。

その頃の脱毛サロンは今ほどではないが、お手軽な値段で脱毛をすることができ、永久脱毛に近くなるということを聞いたので、脱毛サロンへ行った。

1万円以下で両脇の脱毛が一生できるなら・・・

初めて脱毛サロンへ行った時の契約は、両脇の脱毛が一生できるというものだった。当時両脇の脱毛料金は1万円に満たないものだったため、料金についての不安は少なかった。むしろ1万円で脇毛がなくなるのかと思うと、安いとさえ感じた。

夏場はよく脇毛の処理を忘れるし、処理をしたとしても、ブツブツが残り、腕を上げることができない。

それを1万円で解決できるのは嬉しかった。それよりも、両脇を人様にさらすことの方が不安が大きかった。剃っているとはいっても、黒いブツブツは残っているし、夏場は汗をかいて臭いもするだろうしと、不安があった。しかし、安さと脇毛をなくして綺麗になりたい、処理を楽にしたいという気持ちの方が勝り、申し込みを行った。

施術は5分程度、あっという間に終わった

両脇を人様にさらすことに抵抗はあったが、施術中、こちらはレーザーの光を浴びないようにサングラスをかけることで、お店の方の目が気にならないということで不安はやや減った。両脇を上げ、ジェルを塗られるときも、お店の方は慣れている様子で、ささっとレーザーを当てていた。

施術が終わるまで5分程度。あとはジェルをふき取り、お冷しとして保冷材のようなもの?(サングラスを装着しているため実際に見たことが無いのでわからない)で脇を冷やし、最後に保湿クリームを塗って終わり、というものだった。あっという間に終わった。

むしろ受付で待っている時間の方が長かったんじゃないか?と思うほど、あっさりとしたものだった。施術前の不安は、手馴れたお店の方の手腕でなくなっていた。

毛を抜くことは肌を傷つけるので、剃るほうが良いと言われた。しかし脇は剃るより抜いたほうが見た目がキレイなんだよな~と思っていた。

両脇の脱毛後、1週間ほどすると毛がするすると勝手に抜けるようになった。毛の周期があるので、何度か施術を受けに行かなくてはならないが、確実に毛は減り、毛質も細くなっていた。

脇脱毛の効果があったから他の部分も脱毛した

脇脱毛の成果があったため、脇以外に足、腹・胸回り、Vライン、Oラインと様々な部分の脱毛を行った。

脱毛する前は、人前に出るとき毛の処理を必ずしていたが、毛が減ったため、処理の回数も減ったし、なにより毛があっても毛質が細いので、多少毛があっても気にしなくなった。

脇については夏場は何も考えずにノースリーブや水着を着ることができるようになり、服装のバリエーションも増え、自分に自信がついた。

周りの人にも脱毛サロンを紹介し、感謝されることもあった。

時間とお金はかかりますが、脱毛サロンに行って損はないです!