キャッシングやカードローンに手を出す前に気をつけておくこと

上手にお金を借りる前に

お金がどうしても必要な時に思いつくのがキャッシングやカードローンです。気軽に借りれて便利なキャッシングやカードローンですが、初めてキャッシングやカードローンを借りるときには注意しておく点があります。

それは、キャッシングやカードローンで借りるお金が「一時的なもの」で「返すあてがあるもの」かどうかです。

その借金は”一時的な借金”ですか?

まず、その借金は今回1回限りで済むかどうか、ということです。

引越しで新生活に必要な家具を買うとか、急な結婚式のご祝儀とかは一時的ですね。

しかし、「生活費」のような一時的ではないものを借金してしまうと、また借金が必要になってきますし、すぐに足りなくなってさらに借金をしてしまいます。

そうなると、最初にした借金が抜け出せない借金地獄の入り口になってしまうといった最悪の事態も想定できるので、そういう場合はキャシングなどの借金を利用するのはやめておいたほうがいいでしょう。

「今一時的に借りてしのいでも月末にはまたお金が必要になる」、というような場合はキャッシングやカードローンの利用はやめておくことをお勧めします。

逆に、今回限りの一時的な利用であれば、次に書く「返すあて」がしっかりしていればキャッシングやカードローンを使っても大丈夫です。

借金を返すあて(返済計画)について

これは借金の返済計画とも言いますが、「その借金をどうやって返していくか」が明確になっているかどうかです。

「次の給料が入ったら全額返せる」とか、「毎月給料が入るたびに一万円ずつ返済して3回で完全に返せる」とか、「次のボーナスで完全に返せる」とか、そういった確実な返済計画があるかどうかです。

パチンコで当てて返すとか、ボーナスが出るかどうかわからないのにボーナスで返すとか、毎月3万円も返済できるかわからないけど「多分何とかなる」とか、そういう不確実な計画を立てて借りてしまうと、あてが外れたときに借金に追われる生活になってしまいます。

参考:税金の督促から210万円の借金に!法律事務所で債務整理をした体験談

確実な返済計画が立てられたなら、たとえ借金があっても「何ヶ月後には借金は完全になくなる」というのがわかっているので気分も楽ですね。

一時的で返す当てがちゃんとある借金

”一時的”で”返す当てがちゃんとある”なら借金も「アリ」です

ここまで読むと、キャッシングやカードローンは使わない方がいいような印象を受けてしまうかもしれませんが、もちろんちゃんとメリットもあります。

キャッシングやカードローンは「使わないで済むなら使わないにこしたことはない」です。しかし、どうしてもお金が必要な時はなんとかしなければならないものです。

そんな時、友達や知り合いに頼るのは非常に気まずいし、千円とか2千円くらいならともかく、万単位のお金の借金になるとその人たちとの関係を壊してしまうことにもなりかねません。

実際に私自身は誰かにお金を貸し借りすることは絶対にしないと決めているし、一度断った相手また借金を頼まれたら、たとえどんな理由があろうと、どんなに仲の良い相手だろうと、もうその相手とは縁を切ると決めています。

「もうお前とは縁を切る」とは言わないけど、連絡先は消してしまうとか着信拒否とかね。

そこまではしなくても、借金たのまれたら普通は距離を置きますよね。借金を頼んできた人はマルチの勧誘や宗教にハマって勧誘してきた人と同じ扱いで「なんかこいつと会いたくないな」「会うと面倒なことになりそうだな」と思う人は意外と多いですよ。

友達や知り合いに借金を頼むというのは気まずいだけではなくそういった人間関係を破綻させるリスクもあるんです。

そんなリスクをおかすくらいなら、キャッシングやカードローンを利用するほうがいいでしょう。

借金を頼む気まずさも土下座(笑)も必要ない

キャッシングやカードローンならお金を借りる相手は個人ではなく企業ですし、実際のやり取りは機械(ATM)で、誰にも会わずにお金を借りたり返したりすることができます。

銀行にお金を預けたり引き出したりするようにお金を借りたり返したりできるんです。

借金を頼むときの「お金を貸してほしい」と言い出すときの気まずさもなく、「お願いします!」と土下座する必要もなく(笑)、「あいつに金貸してんだよね」と変な噂を立てられることもなく、むしろ返済がちゃんとしていればあなたは「お客様」なので堂々と借りて堂々と返すことができます。

返済がちゃんとしていればあなたは「お客様」

ただし、一時的な借金で利用することは良いかもしれませんが、ちゃんと「確実な返済の目処」を持って利用し、そしてその借金を返済し終わったらカードは破棄することをお勧めします。

キャッシングもカードローンも”使い方次第”

包丁は使い方を間違えれば危険だけど本来は料理に使う便利な道具です。

それと同じく、キャッシングやカードローンも使い方を間違えれば危険だけど、ちゃんと正しく使えば非常に便利なものです。

それはこの記事を読んだ方は分かっていただけたと思いますが、「正しく使えば」というのがポイントで、一時的でない借金や、確実な返済計画が立てられない場合、キャッシングやカードローンを利用すれば一時的にキツイ状態から逃げることができるかもしれませんが、その後に大変なツケを払うことになります。

なので、安易に利用するのではなく、利用するときはちゃんと計画を持って利用しましょう。