ガス代が払えないとどのくらいでガスが止められてしまうの?

ガスは主に調理や入浴の際に必須の物ですが、ガス代が払えない場合にはどのくらいの期間を経てガスが止められるのでしょうか。

ガス代が払えないとどのくらいでガスが止められてしまうの?

まずガスは日常生活で欠かすことができないライフラインの一つですが、ガス代が払えない場合はそう長くは待ってくれず、一般的に50日間ほどで停止します。

国内には地域により都市ガスを会社が存在すると共にボンベに詰めたLPガスの小売を行う会社もありますので、それぞれで対応は変わりますが、まず始めの支払期限は検針日翌日から30日と決められています。

この期限を過ぎた場合にまず停止予告書が送付されるのですが、それでもなおガス代を払えない場合は検針日の翌日から50日目を過ぎた段階で閉栓作業が実施されガスが止められます。

平均すると支払い期限を過ぎてから50日間、およそ2カ月で止められますので、これまでの段階で早期に支払うことが重要です。なお供給を停止する際にはいきなり止める訳ではなく、停止使用告書には予定日が記載されていますので、その日付がタイムリミットです。

より細かくタイムリミットについて説明すると、予定日前日の日中で入金の確認ができる時間帯までに支払う必要があり、夕方や夜間など確認ができない時間帯に振り込んだとしても翌日の停止作業には間に合いませんので注意しておきましょう。

なおガスの供給停止の作業を行う職員が訪れた場合に、職員に対して料金を直接納付することはできませんので、やはり前日までに振込みを済ませておく必要があります。

ガスが止まると生活はかなり不便です

ガスが止められるとどのくらい不便になるかについてはあまり体験するものではありませんが、一言で言えば普通の文明生活を送ることが困難であり、非常に不便な生活が強いられます。まずガスが使えなければ料理ができませんので、コンビニ弁当やインスタント食品しか食すことができません。

加えてお風呂に入る際にも水しか出ませんので、夏場であればまだしも冬場は到底我慢することができないのです。また住宅によってはガス発電装置やガス暖房を取り入れている所も多く、そうなるとどのくらい不便になるかは想像すら及びません。

滞納していたガス代を支払ったあとの復旧にはどのくらいかかる?

また、ガスを止められてしまった場合、滞納分を支払ったあとの復旧にはどのくらいかかるのかについても気になる所ですが、この点についてはガス会社により対応が異なります。

支払った後の復旧についてはガス会社が支払いの確認を行うことが必須です。そのため金融機関への振り込みであれば銀行の営業時間内に、またガス会社の窓口で納付するのであれば会社の営業時間内に訪れることで、当日中の開栓して復旧が可能になるケースもあります。

お金が払えなくて困ったとき・・・

お金が払えなくて困ったときに思いつく簡単な解決策はキャッシングやカードローンですが、安易に手を出さずキャッシングやカードローンに手を出す前に気をつけておくことには注意しておきましょう。そうすればもしかしたら・・・