住宅ローンが支払えないとどうなるの?家を取られてしまうの?

住宅ローンは生涯で一番大きな買い物になりますが、何十年と返済を続ける中では状況も大きく変わることになり、支払えないとどうなるのでしょうか。

住宅ローンが支払えないと家を取られてしまうの?

巨額な住宅ローンは返済できなければ家を取られるのではと心配になる所ですが、事態が悪化すればそうした懸念も現実に起こります。

まず始めに返済日を過ぎても納付されない場合は催促の電話があります。この電話では返済が遅れている事といつまでに支払うよう期日について伝えられ、単に返済を忘れただけであれば指示に従うだけでそれ以上に大きな問題が発生する事はありません。

延滞すると金利優遇などの特典が無くなる可能性

ただ期日までの返済がない場合は1日でも過ぎると延滞に該当することになります。一度だけの延滞であれば債務者の間違いもありますので、すぐにブラックリストに載ることはありません。

ただその一方で金融機関によっては優遇金利などの特典の適用から外される恐れもあります。こうした特典は長く利用することで大きなメリットになるためもったいなく、また何よりご自身の信用情報に傷を付ける事にもなりかねず、一度でも返済を忘れることが無いよう注意が必要です。

銀行が「残りのローン返済は難しい」と判断すると・・・

続いて初回の催促があっても支払えないとどうなるのでしょうか。次の段階としては再び電話連絡がある以外にも催告状や督促状などが郵送されることになり、さらに翌月とその先も延滞を繰り返すと銀行の態度は硬化して「残りのローンの返済は難しい」と判断されます。

こうなると銀行への残りの債務についてはローン保証会社が一括で返済することになり、これまで銀行に対して返済してきたのが、今度はローン保証会社に返済することになるのです。

差し押さえで家を摂られてしまう

ただここで注意が必要なのは、ローン保証会社は銀行とは対応は大きく異なる点です。債務者とローン保証会社の間でどのような話し合いが行われるかは個々のケースにより変わりますが、基本的にローン保証会社は延滞を許すことはありませんので、差し押さえに遭い家を取られる可能性が高くなります。

家の差し押さえでは返済しきれない債務が残ることも

差し押さえ後の物件は返済に充てるために競売が行われるのですが、一般的に競売では市場価格のおよそ7~5割程度でしか売れません。

また、差し押さえに伴い強制執行がありますのでご近所に気づかれる事にもなりかねません。

そこで、これ以上住宅ローンが支払えない場合は、「どうなってしまうのか」と様子を見てただ漫然と競売にかけられ安く売られてしまうのではなく、早いうちに「返済は無理」と判断して任意売却を選択した方が良いでしょう。

任意売却とは自身で家を売却して返済に充てるもので、この場合は競売とは違って市場価格に近い金額で売れますので、家を取られて安く売られることも無く、その後を考えた時に大きなメリットがあるのです。

お金が払えなくて困ったとき・・・

お金が払えなくて困ったときに思いつく簡単な解決策はキャッシングやカードローンですが、安易に手を出さずキャッシングやカードローンに手を出す前に気をつけておくことには注意しておきましょう。そうすればもしかしたら・・・