大学の学費が払えないとどうなるの?卒業できずに除籍されてしまうの?中退するしかないの?

大学の中でも特に私立大の場合は学費が高額になる事もあり、ご家庭の経済事情で納付が難しい場合もあるのですが、払えないとどうなるのでしょうか。

基本的に納付ができないままでは学校を去るしかありませんが、あらかじめ相談することで回避できるケースもあります。

まず大学では初年度に授業料と共に入学料・施設設備費・実習費などの費用がかかり、学部や学科により金額や項目については変わるのですが、私大の場合には納付しないとまず学校側から連絡があり面談が実施されます。学校からの呼び出しは嬉しくないもので、ご自身の境遇について卒業できずに除籍されるのか、また中退するしかないのかなど様々不安がよぎります。

私大の授業料が払えない場合は大学側からの提案があります

しかしこの段階ではそこまでの心配をする必要はなく、まずは相談の場でご自身が置かれる状況について説明を行うことになり、学校側からはいくつかの提案を受けます。

この提案については中退などいきなり極端な結論が出る訳ではなく、授業料等について分納や延納などを提案される事があります。分納とは学費を分割して納付する事を指しており、また延納は支払い期日を先に延ばして一定期間延長が許されるもので、いずれもすぐにはまとまったお金を納付する必要がなく猶予されることになるのです。

ただ、呼び出しに応じず話し合いができない状態が続くと、大学の対応は厳しいものへと変化します。

まずは学生当人に連絡が行くのですが、実家の保護者にも連絡が入るようになり、催告の連絡は日に日に増していきます。

この段階でも学費を払えない状態が続いた場合には学校側から最終的な通告を突きつけられ、卒業できずに除籍されてしまい中退を余儀なくされます。

払えない学費未納状態が続くと除籍もありえる

この最終的な処分が行われるまでどれくらいの日数が掛かるかは、それぞれの学生が抱える事情や学校側の対応により変わる所ですが、1期での未納では処分を行わないものの2期に入りまだ未納が継続していた場合に除籍になり卒業できなくなる事もあるようです。

ただこのあたりの規則についてはそれぞれの学校により変わる部分もありますので、払えない状況があった場合はどうなるのか様子を見るのではなく、自身から積極的に相談に訪れるようにしましょう。

国立大学の場合は授業料免除の制度も

また私大ではなく国立大に通う場合は事情が少々変わってくるケースもあります。例えば実家の世帯収入の大小によっては授業料等をすべて免除されることもあれば、半額など一定の割合で免除されることもあります。

このあたりもどのような状況かにより学校側の判断は分かれる所ですが、相談もせずに払えない状況が継続したり減免を受けたにも関わらず納付できない場合は、国立大でも同様に卒業できず除籍される事になるのです。

関連記事

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

お金が払えなくて困ったとき・・・

お金が払えなくて困ったときに思いつく簡単な解決策はキャッシングやカードローンですが、安易に手を出さずキャッシングやカードローンに手を出す前に気をつけておくことには注意しておきましょう。そうすればもしかしたら・・・