水道代が払えないとどのくらいで水道が止められてしまうの?

最近では水道水は飲まずミネラルウォーターやウォーターサーバーという人が多く、以前より飲用としての利用が徐々に減る中で、それでも水道は生活においては重要なライフラインの一つです。

そんな水道代が払えない場合にはどのくらいの期間を経て水道が止められてしまうのでしょうか。

水道代が払えないとどのくらいで水道が止められてしまうの?

まず水を供給する事業については地方公営企業により行われており、それぞれの地域により供給元については細かな違いがあります。そのため水道代が払えない場合にどのような手順でどのくらいの期間を経て水道が止められるかについては細かな違いもあるのですが、一般的には納入期限より2カ月がリミットとされています。

水道が止められるまでの流れ

水道が止められるまでの具体的な流れとしては、まず納入期限を過ぎた場合に催促状が送付され、書面を受け取っても納付に応じない場合は次の段階として勧告状が送られてくることになり、それでもなお応じない場合は給水停止予告書が送られてきます。

この給水停止予告書は最終的な支払い期限が記載されたもので、給水停止は生活に大きく悪影響を与える事から職員は直接手渡しで書類を届けてきます。

本来はここまでの段階で水道代の納付を行うことが重要なのですが、給水停止予告書を受けてもなお料金を納付しない場合には、最初に受けとる納入通知書に記載された納入期限より2カ月目にいよいよ水道が止められるのです。

ただ最初に受け取る納入通知書の時点で期限までの納付が難しい場合は、地方公営企業に相談することで期限を延期できる場合もあります。このあたりはそれぞれの企業により対応は変わる所ですが、あらかじめお金に余裕がなく料金が払えない事が分かっていた場合には相談しておくのも一つの手です。

水道が使えない生活はどれくらい不便?

水道が止まるとどのくらい不便になるかについてですが、以前より飲用水についてはミネラルウオーターのペットボトルやウォーターサーバーを利用している方も多く増えたので、飲用水については不便がないかもしれません。

しかし食器を洗ったりお風呂に入ったり、またはトイレや植木の水やりなども含めてミネラルウオーター等を使う訳にもいかず、不便なだけでなくより大きくコストが掛かる事にも繋がりかねません。

滞納分を支払ったあとの水道の復旧にはどのくらいかかる?

また水道代を支払ったあとの水道の復旧にはどのくらいかかるかについてですが、この点もまた水を供給する地方公営企業により支払ったあとの復旧までの時間に違いがあります。

都市部であれば平日の日中に納付を済ませればその日のうちに開栓作業を行う場合もありますが、翌営業日やそれ以降と指定されている場合もありますので、支払ったあとの復旧のタイミングについてはあらかじめ問い合わせておきましょう。

お金が払えなくて困ったとき・・・

お金が払えなくて困ったときに思いつく簡単な解決策はキャッシングやカードローンですが、安易に手を出さずキャッシングやカードローンに手を出す前に気をつけておくことには注意しておきましょう。そうすればもしかしたら・・・